シートマスク フェイスマスク

シートマスクの効果的な使い方!乾燥肌も潤いに満ちたもっちり肌に!

投稿日:

 

世に多々の種類があふれているシートタイプのフェイスマスク。

毎日のケアに欠かせない方もいれば、たまのスペシャルケアとして使う方も多いですよね!

私は大容量パックをデイリーケアに、ちょっとお高めなマスクはお出かけ前日などのスペシャルケアとして使っています。

かなりの乾燥肌なので、とにかく保湿ケアには必死なんですw

そんな毎日フェイスマスクを使っている乾燥肌の私が、さらに効果的なフェイスマスクの使い方をご紹介したいと思います。

1.乾燥はお風呂から出た途端から!

まず、浴室から出る前にフェイスマスクを貼ります。

浴室から出た途端から、肌は乾燥し始めてしまいます。

とくにクレンジングや洗顔をしたあとの肌は、肌表面にあった油分が取り除かれ、余計に水分が蒸発しやすい状態です。

なので、浴室から出る前にフェイスマスクを貼ることで、肌から水分の蒸発を防ぐことが出来るのです。

これだけでも乾燥肌の方にはかなり効果的だと思うので、試してみてください。

またフェイスマスクを浴室に持って入ることで、浴室の温度でフェイスマスクが温まり、美容成分の浸透もよくなります。

貼った時にヒヤッとして冷たい!ということも防げます。

夏には冷たいのも気持ちいいんですけどね。

 

2.長時間貼るのは逆効果!

フェイスマスクを長時間貼り、マスクが乾いてきたからそろそろ剥がそうかな~という頃には、肌の水分も一緒に乾燥していってしまっています。

保湿したつもりが逆に肌内部の水分が奪われ、余計乾燥肌になってしまうのです。

なので使用時間の目安は、触ってまだびちゃっとしているな、というくらい。

私は貼っても5分くらいでしょうか。

着替えて髪を拭いて、顔のケアが出来るようになるまでの乾燥防止としてマスクを使っているので。

絞れば美容液が出てくるような状態で、剥がすことにしています。

特にドライヤーを使うとマスクも乾燥しやすいので、ドライヤー時には剥がしましょう。

 

3.マスクはすぐに捨てないで

おそらく剥がしてすぐに捨てちゃうという方は少ないかと思いますが、剥がしてもまだまだ使います。

そう、シートを絞り、出てきた美容液を肌に塗るのです。

この時顔だけでなく、首やデコルテにまで塗るのがおすすめ!

そうすることで、年齢の出やすい首などを一緒にケアすることが出来ます。

もし首やデコルテに塗った場合は、あとで美容クリームやオイルなどでフタをすることをお忘れなく!

お風呂上がりの肌と同じように、美容液の水分と一緒に首の水分も蒸発して、せっかくのエイジングケアも無駄になってしまいますから。

 

4.シートでコットンパッティング

シートから美容液を絞って塗ったらおしまい、ではありません。

ここでシートが大事になります。

マスクを剥がしてすぐや美容液を塗った肌は、びしゃびしゃしていますよね?

ここでするのはハンドプレスでなく、シートでなでる!

よく化粧水はコットンでパッティングするのがいいか手て付けるのがいいかといいますが、そのコットンがシートに変わったと思えばわかりやすいかと思います。

1から新しいコットンを使うと、コットンに化粧水や美容液が染み込むので、もったいないなと思ったことないでしょうか?

しかしシートマスクのシートには、最初から美容液が染み込んでいるため、もったいなくない!(笑)

無駄がないのです。

 

しかしここで注意。

シートでゴシゴシこすっては、せっかくケアした肌も傷んでしまします。

濡れた肌はダメージを受けやすいですから、あくまで優しく撫でるだけ。

特に目の周りや口の周り、おでこなど、シワになりやすい場所は注意です。

よく首にリンパを流すように、下に下にマッサージとか聞きますが、私はシワ防止のために逆をおすすめします。

下に下になでると皮膚が下に下に垂れてしまうので、上や顔の中央に向かって優しくなでることをおすすめします。

私は10代の頃、目の周りに塗る時に外側に向かって塗るとシワになりやすいらしいよ、と聞き、ずっと目尻から鼻側に向かって化粧水やクリーム、ファンデーションを塗ってきました。

現在アラフォーですが、目尻に目立つシワはまだ出来てません。

 

早い段階で教えてくれた友達に感謝です。

優しくなでることも大事ですが、シートのコットンの質も大事だなと思ってます。

使い捨てですが、シートの質も込みでマスクを選ぶといいかなと思います。

 

5.絞って塗る、パッティング、を繰り返す

肌を撫でると、またシートに美容液が吸い込まれる分があるので、絞って塗り、なでる、を美容液が絞っても出なくなるまで繰り返します。

ずっとビチャビチャなんじゃない?と思うかもしれませんが、3回もやるとだいたい出なくなります。

それは、ちゃんと肌が美容液を吸い込んでくれた証拠だと思っています。

ぜひ肌を触ってみてください。

ふっくらモチモチっとした肌になっていることでしょう!

乾燥肌だけでなく、ほうれい線や首のシワのケアにも効果的だと思います!

 

6.その後のケア

私は肌が弱いため、色んなケアを試してきました。

洗顔後に美容オイルだけを塗る、というケアもしましたが、なぜか乾燥がひどくなってしまいました。

理由は、肌表面にはフタされていたけど、肌内部に水分を補給しなかったから。

なのでどんな肌の方でも、クリームだけオイルだけなどのケアだけでなく、必ず化粧水など水分を入れることは大事です。

(これは髪の毛も同じなので、ヘアオイルだけでなく化粧水も付けてみてください☆

パサパサな髪も、かなり改善されると思いますよ!)

しかしマスクの水分をたっぷり入れたため、化粧水や美容液はもう不要♪

もしシートから絞った美容液が少なく、水分が足りないなというときには、化粧水を足してくださいね。

その後のケアは、乳液、美容クリームと肌表面をフタしてくれる油分の入ったものを使ってください。

私は乳液もクリームも水分と油分を混ぜたものなんだから、両方使う必要ないや、と長く使わずに来ましたが、素晴らしい乳液に出会ってから一気に乾燥肌が良くなりました!

なので出来ればクリームだけでなく、乳液も使ったほうが肌の状態は良くなるかと思います。

乾燥がひどい方は、美容クリームに1滴美容オイルを足してみてください。

1滴だけで大丈夫!

さらに肌のモッチリ感が増してくれると思いますよ!

 

7.朝のシートマスク使用について

お風呂上がりが一番効果的だと思っていますが、朝のケアにも便利なシートマスク。

私はいつも水洗顔ですが、水洗顔だけでも乾燥してしまうので、その後のケアは大事です。

でも夜と違い、忙しい時は剥がしたらポイしてしまうことも(^^;)

日中の乾燥が気になる時は、また絞って塗ってパッティングを繰り返すといいかと思います。

シートマスクのいいろころは、手で塗るよりもムラなく保湿できるところなので、乾燥肌にはうれしいですね!

1つ注意点が。

「夜用」と書かれているものは、朝には控えたほうが。

光毒性(日光によってシミなどの原因を作ってしまう)のある成分が含まれている可能性があります。

 

あと、ここだけのケチ活用なのですが笑

前日のシートマスクの袋にまだ美容液が残っていた場合、通常のコットンを入れて染み込ませて、パッティングしたりしていますw

使用済みのシートは不衛生なので、絞ったら捨てちゃいますが、清潔なコットンならまだいけるかなと笑

でもフェイスマスクによっては、使い切り前提で防腐剤を使っていないことや控えめな場合があります。

そういうフェイスマスクは雑菌も増殖しやすく肌にも悪いので、開けたらすぐに使い切ってくださいね!

美容液というのは栄養分がたっぷり入った水です。

たとえばジュースやスムージーを想像してみてください。

防腐剤不使用のフェイスマスクは、生搾りのジュースやスムージーです。

痛みやすいのがわかるかと思います。

 

フェイスマスクを使う際の注意点まとめ

  • マスクは長時間貼らない()
  • 肌は強くこすらない()
  • パッティングはしわになる方向にはこすらない()
  • 使用したシートは使い切る()

 

シートマスクの良い点

最後に、シートマスクの魅力を!

  1. 手で塗るよりムラなく、すみずみまで保湿できる
  2. シートにたっぷり美容液成分が含まれているので、ケチケチ化粧水や美容液を使うより効果的
  3. 化粧水と美容液を揃えなくても、シートマスクだけでも十分。なのでコスパがいい
  4. 入浴後の乾燥を防げる

 

大容量マスクと1枚入りマスクの良いとこ悪いとこ

大容量入りシートマスクと、1枚入りのシートマスクのいいところと悪いところをまとめてみました!

悩んでいる方の比較になれば幸いです(^^)

大容量と1枚入りシートマスク、どっちがいい?比較してみました

シートマスクの1枚入りと大容量入りを比較!   1枚入り 大容量  コスパ  △~ スペシ ...

続きを見る

 

-シートマスク, フェイスマスク

Copyright© フェイスマスクで毎日手軽にしっかりアンチエイジング , 2018 All Rights Reserved.